小児歯科

小児歯科

池田歯科クリニックでは、歯に関する治療はもちろん、虫歯にならないための予防処置に力を入れております。
また定期的に来院して頂くことで、歯に対する関心を深め、早期に虫歯を見つけ適切な処置を行うことができます。
虫歯になってしまったので診てほしい!と言うお母様が多いのですが、本当は虫歯になる前に診せてほしいのです。
そうしたら、歯医者さんはちっとも痛いところではありませんよ!!
定期的なクリーニングと日頃のお手入れで虫歯は防げるのです。

なぜ虫歯ができるのでしょう?

口の中には、ミュータンス菌やラクトバチルス菌といったたくさんの菌がいます。 この菌が口の中の食べ物を栄養にして、酸を作り出し、歯を溶かします。
これが虫歯です。

虫歯予防の習慣

食べたらハブラシ!

菌の大好物の食べかすを早めに取り除きましょう。
本人にあった磨き方やハブラシなどをご紹介します。

規則正しい食生活!

食べ物をとると口の中は酸性になり、エナメル質を溶かしやすくなりますが40分程するともとの状態に戻ります。
いつもあめやガムを食べていたら、口の中はずっと酸性の状態です。
お菓子などを食べるときは時間を決めて、だらだら食べない!
また寝る40分前は何も食べない!という習慣をつけてください。

定期検査を忘れない!

乳歯、永久歯ともにフッ素を定期的に塗布することで歯質を丈夫にし、細菌の働きを抑え、歯が酸によって溶けるのを防ぎます。そして、溶けてしまった歯が元に戻る再石灰化を助けます。
また、定期的に来院して頂くことで、早期に虫歯を発見することができます。

当院では、お子様に「歯医者さんの連絡帳」をお作りし、現在の歯の状態や治療内容など記入してお渡ししています。

予防装置の種類

シーラント

奥歯の溝に薬を流し表面のでこぼこをなくす方法で、汚れがたまり難くなり虫歯を予防します。

フッ素

乳歯、永久歯ともに定期的に塗布することで、歯質を丈夫にし、また細菌の働きを抑え、歯が酸によって溶けるのを防ぎます。
そして、溶けてしまった歯が元に戻る再石灰化を助けます。
池田歯科クリニックでは、歯面洗浄を行った後フッ素を塗布します。
それを4カ月ごとに塗布することが理想的です。
おうちでは、毎日フッ素入りの歯磨き粉を使うことをお薦めします。

キシリトール

キシリトール入りのガムなどをとることによって、細菌の増殖を抑えるなどの効果があり、健康な歯のための助けとなります。

唾液テスト

唾液は口の中でとても重要なものであり、虫歯のなりやすさに関係しています。
お子様の唾液の性質を知ることにより、虫歯になりやすいかどうかがわかり、それぞれに合わせたブラッシング法や食生活のアドバイスを行っております。

その他に歯並びに関することや食生活に関することなど お気軽にご相談ください!

お口の健康から、全身の健康へ

子供の口腔の発達が、身体・脳・心の発達のカギを握っていることをご存知ですか?
虫歯にしないことのみならず、指しゃぶりや口呼吸などの口腔習癖、頬つえをつくなどの生活習慣病などは、噛み合わせ、顎の成長、体の成長にも関係します。
小さい頃から、お口の中を健康にすることによって全身の健康を守ります。