大人の矯正治療

矯正治療は子供のためだけのものと思っていませんか?
何歳になっても矯正治療は可能です。
今では、ホワイトワイヤーや裏側からの装置、マウスピースによる矯正治療があり、大人の方でも目立たなく治療を行うことが可能です。

大人の矯正治療のメリット

  • すべての歯がバランスよく正しい位置で噛むことができ、歯の寿命が長くなります。
  • 歯ブラシが隅々まで届くことにより、歯周病の進行を妨げることができます。
  • きれいな歯並びは美しい笑顔を作り出し、年齢より若々しく見えます。
  • 正しい噛み合わせで咀嚼することにより、脳に刺激を与え認知症の予防につながります。

大人の矯正症例

症例1: 開咬

  1. 初診: 32歳2ヶ月
    大人の叢生初診(斜め)大人の叢生初診
  2. ブラケットセット
    大人の叢生ブラケットセット
  3. 治療終了後(治療期間 2年3ヶ月)
    大人の叢生治療終了後(斜め)大人の叢生治療終了後

治療前、前歯は噛んでなく、奥歯でしか噛むことができませんでした。
また、前歯が出ているため、口も閉じにくい状態でした。前歯を下げるため、上の歯を2本(左右第一小臼歯)抜歯しました。
治療後は前歯も奥歯もバランスよくかむことができ、口元も下がりました。

症例2: 叢生(そうせい)

  1. 初診: 31歳4ヶ月
    大人開咬初診(斜め)大人開咬初診
  2. ブラケットセット
    大人開咬ブラケット
  3. 治療終了後(治療期間 1年11ヶ月)
    大人開咬治療終了後(斜め)大人開咬治療終了後

顎が小さくて歯は入ることができず、デコボコになっていました。
顎の大きさと歯の幅径のバランスを計測し、上下左右の第一小臼歯を4本抜歯し、矯正治療を行いました。

治療3: 反対咬合

  1. 初診: 24歳3ヶ月
    大人の反対咬合初診(斜め)大人の反対咬合初診
  2. ブラケットセット
    大人の反対咬合ブラケットセット(斜め)大人の反対咬合ブラケットセット
  3. 治療終了後(治療期間 2年4ヶ月)
    大人の反対咬合治療終了後(斜め)大人の反対咬合治療終了後

上顎は左右第二小臼歯、下顎は左右第一小臼歯、計4本を抜歯し、矯正治療を行いました。