中高生の矯正治療

中高生(第Ⅱ期:永久歯列期[11歳~18歳])の矯正治療についてご案内します。

中高生の矯正治療 概要

すべて永久歯になってからの矯正治療です。
この時期は、身長も高くなると同時に下顎の成長もあり、顔の形も変化し、大人の顔に近づいて行きます。
この頃のお子様は受験や部活など、忙しい時期でもありますので、お子様の将来の予定、希望なども踏まえて、治療計画を立てて行きます。
平日夜間や土曜日も診療を行っておりますので、部活や塾等でお忙しいお子様も通院可能です。

スポーツをやっている方は、噛む力がアップし力を発揮しやすくなります。

また、大人になって矯正治療を始める場合より、簡単に治るケースもありますので、是非ご相談ください。

当院で第Ⅰ期の治療(小児の矯正治療)をされた方は、第Ⅱ期の治療費から第Ⅰ期の治療費を差し引いた金額で、第Ⅱ期の治療をお受けになることができます。

中高生の矯正症例

症例1: 上顎前突

  1. 初診: 14歳7ヶ月
    上顎初診上顎初診(斜め)
  2. カリエールセット
    上顎カリエールセット(左)上顎カリエールセット(右)
  3. ブラケットセット
    上顎ブラケットセット
  4. 治療終了後(治療期間 1年8ヶ月)
    上顎治療終了後上顎治療終了後(斜め)

上顎より下顎が後方にある嚙み合わせです。
上の奥歯にカリエールという装置を入れ、斜めにゴムをかけることによって、上の奥歯は後方へ、下の奥歯は前方へ動きます。
それによって、歯を抜くことなく、正しい噛み合わせをつくることができました。
ゴムもしっかり使ってくれましたので、治療期間も短く矯正治療を終了することができました。

症例2(叢生)

  1. 初診: 16歳2カ月
    初診(16歳2カ月)初診
  2. ブラケットセット
    ブラケットセット
  3. 治療終了後(治療期間: 1年11カ月)
    治療終了後(治療期間1年11カ月)治療終了後

顎の大きさと歯の幅径のバランスを計測し上下左右の小臼歯を4本抜歯し、矯正治療を行ないました。